5月28日(土)に東京の汐留にあるBLUE MOODで開催された、森川七月さんのライブ、「森川七月 『J』〜Sentimental Cover〜 LIVE」に行ってきました!
(怒涛の?ライブやイベントのレポ記事が続きます・笑)


カラオケ館 銀座総本店で開催された、『d-project with ZARD』のリリース記念イベントが16時30分ごろに終わり、その足で汐留にあるBLUE MOODに向かうことに。
JRの駅で言うと、有楽町駅から新橋駅なので、カラオケ館近くの標識を見ると約700mということで、歩けるかなと思いまして。


18時開場で、少し早く着けばいいと思っていたので。
なんだかんだで、そこまで時間はかからなかったです。
迷うことも・・・珍しく無かったですし。
ただ人混みが凄いので、3倍くらい疲れました。笑


20160530



201605301



30分くらい前に到着。
かなりの人が既に並んでいました。
写真のこととか考えて席に座りました。
席には森川七月さん、手書きの5th Albumの『J』〜Sentimental Cover〜のライナーノーツが置いてありました。
『d-project with ZARD』のイベントで見かけたいつものBeingのスタッフの方だけでなく、今回は寺尾広さんもイベント終わりでいらっしゃっていました。


201605302



CIMG2291



CIMG2292



BLUE MOODのオリジナルという、メロンリキュールとピーチリキュールにジンとレモンを加えたカクテルを頼みました。
まあまあ美味しかったです。
今回は、森川七月さんのオリジナルカクテルというのは無かったです。
写真撮影等々は一切NGというアナウンスが・・・
工エエェェ(´д`)ェェエエ工ー
という感じで、びっくりしました。


開演の時間の19時になり、Sensationの大賀好修さん、車谷啓介さん、麻井寛史さん、大楠雄蔵さんがまず登場。
Sensationの「So high」でライブはスタート!
そして、森川七月さんが登場!


1.It's Only A Paper Moon


MC
5th Albumの『J』〜Sentimental Cover〜について。
このライブがリリース後、初のライブですと強調していました。
大入り満員でもあるとも。
確かに人は多かったです!


2.やさしさに包まれたなら


3.もう涙はいらない


4.どうぞこのまま



MC
今回のライブでは、写真撮影等々は一切NGだと森川七月さんからメッセージが。
色々あるんですかね。


5.Lullaby Of Birdland


6.Smooth Operator



MC
森川七月さんはライブに向けて家から出るときに、お母さんから
「あんたはアーティストやねんから、笑わせることばかり考えてたらアカン!」
と言われたそうです。
また、次に歌う曲はちょっとエッチな曲だと。
そしたら、大楠さんを弄りだして
「大楠さんは妄想族」と森川七月さん。笑


7.Feel Like Makin' Love


MC
リリース後、初のライブいうこともあって、緊張していますよ〜と森川七月さん。


8.The Gift


MC
手書きのライナーノーツについて。
改めてバンドメンバーの紹介も。
と、ここで一部が終了。
大賀さんが外に出ていたようですが、タバコタイム?ですかね?
開演前も外に出ていたようでした。


201605303



二部が始まる間、モルトスコッチのベンネウィズのソーダ割りを頼みました。
前に頼んだことは無かったと思うので。
スコッチになんとなく惹かれて。
それと、


201605304



一部のMC内で触れられていた
(この記事では書いてませんが、どのタイミングで喋ったか忘れてしまったもので)
初の森川七月さんのグッズである、ハンカチが販売されていたので
一部と二部の休憩の間に1枚購入しました!
ご本人のブログでも、書かれていました。


グッズが出来ました〜〜‼️


二部は、Sensationの「二重螺旋」からスタート!


MC
森川七月さんが登場し、SensationのCDも持ってきていますよーと宣伝。


9.セカンド・ラブ


10.シングル・アゲイン



MC
ライナーノーツはコピーオッケーだそうです。
そして、ハンカチ売ってますよーと告知。
ここで、5th Albumの『J』〜Sentimental Cover〜のタイトルの由来について。
なんでもジャズのジャパンの「J」からつけたそうです。


11.最後の雨


12.はがゆい唇


13.恋の予感



MC
ここで大阪で行う、ライブの告知。
なんでも会場のキャパが、300人の入れ替え制なので
是非、大阪にも足を運んで満員にして欲しいと。


14.Come Rain Or Come Shine
バンドメンバー紹介


15.The Joker


16.It Don't Mean A Thing



アンコール


17.追憶
森川七月さんと大楠さんの2人体制で。
演奏後に、2人はがっちり握手



MC
「追憶」に関しては、レコーディングのときに、曲の雰囲気も考慮して2人で見つめ合うように
スタジオを設定してもらったんだそうですが、結局、お互い恥ずかしがって一度も見れなかったとか。
一回で録れたそうです。


ここで、Sensationの他のメンバーも再登場。


森川七月さんはビッグになって、次は武道館でライブをしたいと意気込んでいました。
最後の曲は、5th Albumの『J』〜Sentimental Cover〜に収録するか迷った曲を歌います、とのことでした。


18.異邦人


以上でライブが終了しました!
21時40分くらいに終わりました。


ライブ後は、採算をして、CDを買ってサイン会に参加するか迷いましたが・・・
人も多そうで、予算や、時間の関係もあってすぐ帰ってしまいました。
今思うと、「Sensation 機廚惑磴辰討けば良かったなと。


ライブの感想としては最高でした!


5th Albumの『J』〜Sentimental Cover〜の曲を中心に、他のアルバムなどからも選曲されていたライブでした。
「やさしさに包まれたなら」と、「もう涙はいらない」を聞けて良かったです。


森川七月さんのライブは本当に良いですね!
自分みたいな若造が行くには、まだまだ早いようなところかもしれませんが・・・
きちんとしたものに人間は触れ続けなれば、ダメになりますからね。
出来れば写真撮影もオッケーだと嬉しかったです。


ちなみにこれが、直筆のライナーノーツです。


201605305



そのうち、ホームページにアップするかも、と森川七月さんがライブ中に言っていたので、アップされるかもしれません。


最後に、森川七月さん、サポートメンバーのSensationの大賀好修さん、車谷啓介さん、麻井寛史さん、大楠雄蔵さん、スタッフの方々。
ライブに参加された方々、お疲れ様でした!
そして、素晴らしいライブをありがとうございました!!


※記憶や一部のメモを頼りに書いたレポなので、相違点はあるかもしれません。
判明次第、訂正等々しますので、よろしくお願い致します。


ク・リ・ッ・ク・していただくと、ウ・レ・シ・イです!↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村