7月24日にリリースされた、なついろのセカンドアルバム、『Summer Spur』の感想を書いて行きます。
今回はいよいよ後編です。
中編から少し時間空いちゃいましたね(^▽^;)
引き続き☆1〜5で評価です。


9.七色と如雨露とキミとボク
作詞:新名悠人 × 山崎好詩未/作曲:須藤智之/編曲:安部智樹
☆☆☆☆☆
来ましたよぉ!
ついに5つ星!
本当この曲最高なんです。イントロから歌詞から何もかも(o^∇^o)ノ
歌詞に関しては2番の歌詞が特に。
「そういえばキミとボクの〜雨をしのいだね」
のところが凄く好きです☆


10.キツく結ばれた身体
作詞:森川七月/作曲:北川加奈/編曲:大楠雄蔵
☆☆☆
北川さんと森川さんのコンビで作られた曲です。
北川さんは森川さんに初めて作詞してもらったんですよね。
「なついろcafe」で北川さんが言ってましたが、幸せを感じるのはわかる気がします。
森川さんとのコンビはまた違う意味で北川さんの曲の良さが出ますね。



11.Sayonara Precious
作詞:山崎好詩未 × 新名悠人/作曲:大野愛果/編曲:岡本仁志
☆☆☆☆☆
この曲もこのアルバムの中で大好きな曲です♪
思わず涙が出てしまうような曲です。
今までなついろの曲でこういうタイプの歌詞はあまりなかったので新鮮な部分もあります。
「いつかまた笑顔で会える そんな気がするから」
最初の歌詞から胸にぐっと来るものがありますね、メロディと上手く合わさっている部分も相まって。
アレンジは元GARNET CROWのおかもっちこと、岡本仁志さんですね。
「なついろcafe」で森川さんも触れられていましたが。
おかもっちのアレンジは、けっこうドラムの音が印象に残る気がします。
ZARDの「Hypnosis」やgrramの「空のようなヒト」などでもそう感じました。
ZARDの「Hypnosis」については、同じ元GARNET CROWの古井弘人さんとの共同アレンジの表記の場合もあるようですが。
GARNET CROWファンの人には是非チェックして欲しい曲です。


12.We'll be One Heart, One Love
作詞:新名悠人 × 山崎好詩未/作曲 & 編曲:徳永暁人
☆☆☆☆
みんなで合唱したくなる曲ですね。
24時間テレビとかに向いているかもしれません。
挿入歌の一つとして検討して欲しいなって思ったりします(笑)


というわけで、『Summer Spur』の感想は以上です。
3回に分けて感想書きましたが、今回もとても良いアルバムでした!
先日の『なついろ Live Shower vol.4 〜Summer Spur〜』大阪公演も大成功だったそうで、今週の東京公演が楽しみです♪(* ̄ー ̄)v